09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少額で始められる不動産投資 


先日は、不動産投資を始めるトキの、
初期費用が高額である話をしました。

そこで、区分所有と激安戸建てなどの、
比較的少額で始められる不動産投資について考えてみました。


ワタクシの住んでいる地方では、
1ルームの区分所有や戸建てなど、
200~300万くらいで売っています。


このように田舎に住んでいて、不動産投資を目指す場合
200~300万らいで、始めることが可能です。

それぞれのメリット・デメリットとしては


○ 区分所有(地方・1ルームの安い物件)

・メリット

1) 建物の大規模修繕など考える必要がなく、管理が楽


・デメリット

1) 管理費や修繕積立金などを毎月(空室でも)支払う

2) 築年数の古いマンションは、資産価値が無くなる

3) 売却しづらい



結局、都心のように大きな家賃収支を得られない、
地方・1ルームでは、

空室のリスクや保有することでの経費がかかり
投資としてのメリットが少ないと思います。



逆にファミリータイプだと、家賃も高く、売却しやすいので
物件のエリアを間違わなければ、良いかと思います。
ただし、200~300万では買えません(-_-)。。




○ 戸建て(地方の築古の安い物件)

・メリット

1) よっぽどの田舎でない限り、人気があり空室のリスクが少ない

2) ファミリーが入居するため、比較的入居期間が長い

3) 最終的に土地という資産が残る


・デメリット

1) 購入後に修繕が必要な場合が多い

2) 1戸の修繕費(雨漏り、壁塗装など)が高い

3) 壁紙・畳換えなどの、入居者の入れ替わりの際の費用が高い



なので、安い戸建てで、修繕費も低く抑えられて、
長く住んでくれるファミリーが入居してもらえると
安定した収入が得られます。



ただし、
優良物件を激安で仕入れるための経験が必要になります。
安い物件は、安い理由がありますので、


物件自体が安い(指し値をする)
   +
家の傾き、雨漏り、シロアリなどがなく、初期修繕費が安い



結局、不動産投資は、
安いといっても数百万円は必要なので物件選びは、大切です。


最終的にワタクシの場合、
2棟目を買う資金が少ないので

・1棟ものを買えるくらい
 (500~1000万)までお金を貯める。

・激安戸建てを根気よく探す。

の2つを行っています。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

1. 無題

2棟目をの頭金を
効率よく運用しようとして
海外投資で失敗したので、
基本戦略に忠実にあせらないように
地道に頑張るのが一番です。

2. Re:無題

>ハリハリさん

コメントありがとうございます。
いろいろ経験されているのですね。
がんばります。
  • [2012/10/22 01:13]
  • URL |
  • しとく@サラリーマン大家
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

3. 無題

私は、自己資金を出来るだけ使わないですむ物件を探しています。売主物件、フルローン・オーバーローン可能物件(融資可能な銀行・信金探しも)など。お互いに頑張りましょう!
  • [2012/10/28 16:27]
  • URL |
  • 不動産投資で札幌移住!@チチ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arigatoukagoshima.blog.fc2.com/tb.php/82-e86c18bf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。