07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共同住宅の水道料金節約法2 

今日は、収益物件の水道料金の節約方法についての続編です。
前日の記事はこちら


今回の節約方法も、アパートなどの共同住宅で
一括検針、各部屋から定額の水道料金を頂いている大家さんに役立つ情報です。



今回は、特にオススメではありませんが、
戸数の申請数を少し減らすという手法です。


基本的に水道料金は、使用量を戸数で割って、1戸当たりの使用量とします。
各戸数の基本料金+使用量の合計が請求額となります。


1Kのような単身者では、使用料よりも基本料金の方が高いです。
このため、戸数が少ないと各戸当たりの使用量は増しますが、


基本料金よりも安いため
トータルの請求額は低くなります



ちなみにこの戸数というのは、自己申告でOKです。
水道局も検針はしますが、戸数までは調べません。


私も最初は、入退去のたびに連絡していたのですが、
最近は、特に連絡していません。。。


ただし、申請戸数より入居者が少なくなれば連絡すると思いますよ。
極端な数であれば問題ですが、バランスが大事です。


少しでも参考になればと思います。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

1. 無題

使い方はモラルを持ってですね。
ちょっとグレーで深い話ですね。

2. いつも勉強させていただいております

私のような不動産素人には、みなさんが当たり前と思っていることがとても勉強になります。
「へー」っていつも拝見しております。

3. コメントありがとうございます。

ちょっとグレーなので、
この話の掲載は、ちょっと迷いましたが
モラルは必要ですよね。
  • [2012/08/16 05:09]
  • URL |
  • しとく@サラリーマン大家
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arigatoukagoshima.blog.fc2.com/tb.php/53-5f36b24f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。