03 | 2017/04 | 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産購入への壁3 



先日からの自宅購入に関する話で

不動産投資の内容と離れていってしまいますが、

中古の家を買うという話をしたいと思います。


実は、私の父親は昨年、病気で他界したのですが

当時、遺品や相続の関係で書類を整理していると

住んでいる家を購入したときの書類がでてきました。

この家は、私の父が41歳のときに中古住宅(当時築7年)
で購入したものです。

概要
土  地:163m2(約50坪)
建  物:昭和58年築 木造2F(床面積約100m2の5DK)
購入金額:1850万円(諸経費、リフォーム代含む)
そ の 他:15年経過後に壁の塗装で100万円

現在、約22年住んで、費用としてはトータル2,000万円

さらに年間約12万円の固定資産税+都市計画税がかかるので、

1,950+12×22 = 2,214万円/22年
  ↓ ↓
≒ 100万円/年 ≒ 8.4万円/月

新築の家同様に35年住むとすると

1,950+12×35 = 2,370万円/35年
  ↓ ↓
≒ 68万円/年 ≒ 5.6万円/月

ただし、支払い金利がわかりませんでしたが

最終的には含めると 6.0万円/月になるかもしれません。

昨日の 10.0万円/月と比較すると中古の家が断然マシだと思います。

購入金額が、3,500万円(新築)1,620万円(中古)

の差が大きいのだと思います。

ですので、家をどうしても欲しいという方は中古が良いと思います。


ただし、今回の例に出した私の実家

木造2Fの5DKに65歳の母が1人で住んでいます。

当時の子供部屋であった2Fに上がることは、ほとんど無いそうです。

場所も当時の新興住宅街で、車の免許がない母は少し不便だと言ってます。


住宅を買う時に35年先なんて分かりません。

ただし、確実に住むのに快適な広さ・間取り・場所は変化するので

私は賃貸がいいなぁと思って、家は購入しておりません。

そして、家を購入しようと思っていた(←妻)

頭金が、収益物件の頭金に消えてしまいました。。。


自宅購入の比較か、私の収益物件購入までの思い出か

分からなくなりましたが、今日はこの辺にします。

それでは

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arigatoukagoshima.blog.fc2.com/tb.php/27-b6544b88

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。