05 | 2017/06 | 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産購入への壁2 


昨日は,

収益不動産を購入する際の奥さんの説得方法として

新築の家・マンションの費用について書きました。


また,私の基本的な考え方として,

自分の年齢や家族構成によって

必要な家の広さや間取り,住みやすい場所も変わってくるので

10年ぐらいのスパンで見直してはどうか と思っています。


例えば,間取りでは

独身時代1R~1Kぐらいでもいいので安い部屋

新婚~子供が小さい頃2DK~3LDKの間取り

子供が大きくなる3LDK~で各子供部屋や広いリビング

夫婦二人2DK~3LDKの間取り

また場所は,・子供が小さいうちは,

学校のそばが良いとか

郊外でも車があれば構わない

年齢を重ねると・買い物などお店が近い,

病院が近いところが良い

ということになると思います。


“じゃあ,途中で売れば良いじゃないか” という話もあります。

高くで売れれば良いと思いますが,

新築物件が一番高いのは間違いありません。

実際に私の友達でも

新築で建てた家を仕事の関係で手放す必要があって,

「何とか借金と同額で売れて良かった!」

と言っていました。

え! 頭金は回収できないの?

と思いました。詳しくは聞けませんでした。。

それでも私は,新築の家に住みたい!

という方はどうぞ!

各人の自由ですから。。

ただ,大家@しとくは,それでは納得できないと思いました。

あ,奥様の意見として

中古の家を買って,リフォームして住むってのもありますよね。

それは,明日書きます。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arigatoukagoshima.blog.fc2.com/tb.php/26-bbe96a63

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。