03 | 2017/04 | 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産賃貸業って 


最近,空室対策の費用対効果のような話が多かったので、

基本的な不動産賃貸業について、

税理士さんが“呟いていた”ことがあったので報告しますね。


不動産賃貸業って

「得られる最大収入が決まっている」 業種です。

よく見る 【売上げの公式】なんてものがありますが,

売上=顧客数×客単価×購入回数

でも,不動産賃貸業って

・顧客数 → 部屋数は、決まってます。

・客単価 → 家賃は、相場があるので上げられません。

・購入回数 → 何回も入居者さんが出入りしても??


ということは、

① 安く購入する

② 経費を減らす
   (仲介業者への広告料、部屋のリフォーム代、修繕費etc)

③ 税金を減らす
   (経費、減価償却費、借入金等)

の努力が大切になります。


①は購入前、

②と③は購入後に検討することになりますね。

私も現在、②と③に注力してますが

②~③をどんだけ頑張っても

①を高値で購入してしまっては、借金の返済でお金が残りません。


当たり前と言えば、当たり前ですが

現在、次なる物件を模索中で、思い出したことを書いてみました。

でも、買うときの表面利回りってねぇ取らぬ狸の皮算用なんですよね。

まだ物件1つだけですが、

いっぱい借金ているのに・・
  不動産収入って、思ったよりないなぁ・・

というのが率直な思いです。

こちらの内容は、無料レポートを作成して公開する予定です。
それでは,また明日


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arigatoukagoshima.blog.fc2.com/tb.php/24-1ca93b48

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。