09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空室対策[家賃交渉について] 

最近は,インターネットで

条件を入力して,クリ
ックすると


条件を満たす物件が,いろいろな順番で並びます。

だから,みんな相場の家賃,

最低家賃なんてのも事前にわかってしまうのですね。。

そこで,見た目の家賃は下げるという手があります。

この手は、最後に書いてます(までお読みください)。




しとく@大家の物件は,こんなお部屋です。

・家 賃:28,00030,000
・築年数:23
・構 造:鉄筋コンクリート
・間取り:1K18m2)・バス・トイレ別
・駅徒歩:10

同地域(最寄り駅を指定)の物件について,
Homesなどで検索すると競合物件がいっぱいあります。

・賃料
3万以下(これ以下は、今のところありせん;笑)
・間取り 1R~1K~1DK
・建物種別 マンション(鉄筋系)
・駅徒歩 10分以内
・築年数 指定無し

家賃順に並べると 
1.8万円~(ウソでしょ!って思いますが)

賃料の安い物件を見ていると共通点が・・
狭い(20m2以下)、バス・トイレ同じ

話は戻りますが、
かなり絞った条件ではありますが,家賃順位は
111位/230

家賃以外の付加価値のある物件であれば良いのですが,

他にアピールするところを探すのが難しい場合

家賃を下げます。。。ただし共益費を上げます。
(共益費を上げるといっても相場がありますが・・

これで,インターネットの家賃順位は上がります。

それと入居を斡旋してくれた業者さんへの広告費も下げられます。
(一般的に広告料は,家賃の1~3ヶ月なので・・・)

ただし,共益費は
2,0005,000円程度なので限度はあります。

やりすぎると仲介業者さんも良くは思いませんが。。

利用されてはどうでしょう?



それでは,また来週


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arigatoukagoshima.blog.fc2.com/tb.php/23-fe13a488

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。