03 | 2017/04 | 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

年末モードで,慌ただしくなっています。


前回は,借り換え時期をずらせば良かったという話でした。

そのおかげとうか,今年は黒字となりそうで良いのですが・・・・

黒字になるとその額も少ない方がいいなぁと思ってしまいます。



青色申告特別控除(65万円)より少し多いくらいが理想ですが,

物件の規模が大きい方は、ムリだと思います。




そこで青色専従者(妻)へ給与を出すと利益を圧縮できるのでは?

と思ってネットでいろいろ調べてみました。



それと年末調整の申告時期と重なったので,妻が本格的にパートを始めたい・・・

といことで経理の方にいろいろと聞いてみました。



ここで書いているのは私が独自に調べた結果であって,税理士さんなりに確認したものではないです。

皆さん,ご自分のケースで確認して下さい。


その結果、


・青色専従者給与を支払うと配偶者控除が使えない

 → 現状で基礎控除38万円が給与所得から引かれないため,
   仮に38万円を給与として支払っても私の給与所得+不動産所得の総額は変わらない。


・130万円以上支払うと,私の扶養から外れる。

 →国民年金,国民健康保険を別途支払う必要がある。
  その他,妻の所得税,住民税の支払いもある。


このため38万円~130万円以内で

10万8千円/月程度の給与を支払えば費用対効果が高いと考えました。

もちろん,税務署への届け出や関連の申告書の提出が必要なようです。



最終的に大きな問題が分かり、青色専従者給与はあきらめました。

その問題は、会社の社会保険のルールでは,

妻の扶養手当や年金、健康保険の認定には、受け取っている給与の支払い証明書や源泉徴収表などの提出が必要でした。



これでは,会社にヒミツで大家をしているのがバレバレです。

ワタクシの不動産所得から最大92万円(130-38万円)を減らすのは魅力的ですが,


不動産収入があることが分かってしまうのはイヤですね。

規模を大きくして,法人を作って・・・その中で給与を出せるようにがんばります!!


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arigatoukagoshima.blog.fc2.com/tb.php/178-d84c9e07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。