05 | 2017/06 | 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中古もキビシイです。 

”今のところ中古のしとく大家です

最近、ドミナント戦略で、
近所の不動産屋さんを回っていますが

コレはいい!って物件、少ないですよね。
(もちろん、安いことが前提ですが・・)

先日紹介された物件は、
築30年超の木造アパート
・和式トイレ
・畳部屋
・洗濯機外置き

3点ユニットではありませんが、
築古木造でよく見るパターンです。

さらに加えて、(古めの)追い炊き機能付きお風呂
通称、バランス
ともいいます。

今の入居者さんが退去した後の
リフォーム費用を考えると、ゾッとします。

こんな物件も利回りさえ良ければ(値段が安いければ)
全然OKですと考えるか?

多少安くても、修繕費を考えると
ダメでしょと考えるか?

みなさんは、どう思います?
新築では、この辺の悩みが皆無ですね。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

1. 築古の基準

私はS56以降の新耐震基準適合を基本的にリフォームして再生する物件と考えています。
それ以前の物件は土地値以下などで、リフォームせずに貸せて、出口でお金になる物件ですかね。

2. 無題

コメントありがとうございます。
短期・長期で、物件を探しているのですね。
  • [2013/06/09 10:42]
  • URL |
  • しとく@サラリーマン大家
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arigatoukagoshima.blog.fc2.com/tb.php/142-fa9f5e3f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。