07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

売買契約準備 

先日、お伝えした木造築古を購入するという話ですが、
早速、売買契約を・・・という話になりました。

購入価格の1割程度の手付金を準備して(ローン特約アリ
売買契約を結んで、融資の結果待ちという流れですが、

1棟目を購入したときは、
自分の無知遠隔地ということもあって、

先に手付金を支払って、
融資がついた後、物件の引渡しの日に
初めて売買契約書への捺印と重要事項説明を聞きました。

今回、2棟目の購入ということで、
少しだけ、売買契約書の注意点を調べてみました。。

1つは、瑕疵担保責任
売り主が個人の方の場合、現状渡し(瑕疵担保ナシ)が、
普通とのことでした(仲介業者談)

ただし、物件にトラブルが起きた場合
契約~物件の引渡しまでの期間であれば売主側
引渡し終了後は、買い主負担とのこと。



2つめは、土地・建物割合
契約書では、土地+建物の合計金額の場合が多いですが
それぞれの価格を契約書に書く事ができます。
  ↓
建物の金額が多いと翌年からの減価償却費を高くできます
特に契約書に書いていないと
路線価や一般的な取引事例などを参考にして決めるようです。

ただし、常識を逸した土地・建物割合だと
税務署のチェックが入るかもしれないとのことですが
根拠があれば良いようです(税理士さん談)。

やはり税務のことは、プロに相談した方が良いと思います。

ワタクシは、1棟目を購入したときは、
不動産屋さんの紹介で税理士さんを教えてもらい
自分で帳簿などをつけて、確定申告してもらいました。

確定申告だけだと費用も安く、
他の税務関係で悩んだときにも相談しやすいですよ。

当然ですが契約書は、
事前にもらって、契約日までにチェックしないとダメですよ

と少し前の自分に言いたいですね。。
それでは


関連記事
スポンサーサイト

コメント

1. 無題

動きアリですね~♪

朗報を待ってます

売買価格の建物割合高いとヨカですね

2. はじめまして

もし、火災保険をお探しでいらっしゃいましたら、
是非、お見積りさせていただけないでしょうか。
全国対応をしております、おうちの保険comと申します。http://www.ouchinohoken.com
また、ご迷惑でしたら、お手数ですが、コメントを削除してくださいませ。お目汚し、大変失礼いたしました。これからも、ブログで色々発信してください。

3. おめでとうございます。

残りは融資ですね。
高利回りの築古物件の場合は、金融機関は融資機関をできるだけ短くしたいと考えるケースもありますので、私は収入部分はあえて低めで事業計画書を作成しています。
いろいろ作戦考えてみてくださいね。

4. Re:無題

>バティさん

コメントありがとうございます。
朗報がお聞かせできるとよいです。
  • [2013/01/18 22:14]
  • URL |
  • しとく@サラリーマン大家
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

5. Re:はじめまして

>火災保険コンシェルジュさん

コメントありがとうございます。
火災保険ってよくわからないので
ご相談したいのですが、

管理会社、銀行などお付き合いもあって、
どちらかで入ると思います。
  • [2013/01/18 22:17]
  • URL |
  • しとく@サラリーマン大家
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

6. Re:おめでとうございます。

>熊本サラリーマン大家さん

コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり、利回りが高くても
融資期間が短いとダメですよね。
じっくり考えます。
  • [2013/01/18 22:18]
  • URL |
  • しとく@サラリーマン大家
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arigatoukagoshima.blog.fc2.com/tb.php/106-40a4cc25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。